中絶手術という選択|費用やルールの確認をしておきましょう

ドクター

中絶にまつわる情報

下を向く人

東京では毎年中絶手術を受ける女性が多くいらっしゃいます。自分が望んでいない妊娠とはいえ、自分のお腹に宿った命と別れなければならない中絶手術は、相当なダメージを受けてしまいます。そんな中でも現実的な問題から目をそらすことは出来ません。その問題の1つが中絶手術の費用です。母体のことを考えた場合、中絶手術はなるべく早い段階で受けることが良いとされています。

中絶をする際には手術を受けるのが一般的です。しかし妊娠から49日以内であれば、薬で中絶を行なうことも可能です。これは流産を促す効果のある薬を服用することで、人工的に流産をさせるという方法になります。人によって効果は違いますが、流産する確率は90%以上とされています。しかしこの方法は国内では認証されていないため、東京のクリニックでこの処置を受けることは出来ません。これは病院以外でも同様で、妊婦本人が薬を入手し服用した場合でも、堕胎罪という罪に問われることになるため注意しましょう。中絶手術を検討しているなら、自分でどうにかしようとはせずに東京の専門的な医療機関に相談しましょう。

また中絶手術の費用は東京と地方では、その内容が異なることがあります。東京の産婦人科医院では初診料、再診料、血液検査、手術費用すべて含めて25万円前後が相場です。しかし地方の産婦人科医院では同じ内容で12万円前後が相場になります。これは妊娠初期の中絶費用の相場であって、中期以降になるとこの費用はさらに高くなります。