中絶手術という選択|費用やルールの確認をしておきましょう

ドクター

時期で変わる費用相場

診察

若い学生の中には、正しく避妊をしていなかったために妊娠をしてしまったというケースは珍しくありません。そのまま出産して子育てをする女性もいますが、中にはやむを得ず中絶手術という選択をしなくてはいけないこともあります。中絶手術は女性の身体だけでなく精神的にも大きなダメージを与えます。そういった状況で不安の種になる要素が、中絶手術を受ける際に必要になる費用です。中絶手術は自由診療になり、保険を適用することが出来ません。つまりは手術費用を全額自分で支払う必要があるのです。そして大事ポイントが、中絶手術の費用は、妊娠初期と中期で異なるということです。これは母体へのリスクを考慮して、手術の内容が変わるからです。こちらでは妊娠初期と妊娠中期での中絶費用の違いをご紹介していきます。

まず一般的に妊娠初期の中絶手術費用としては、10万円から15万円となっています。妊娠初期の段階では、胎児もそこまで成長していないため、手術が与える母体へのリスクは比較的軽いのです。しかし、これが妊娠中期に入ると事情が変わります。妊娠中期、つまりは妊娠12週目以降からは別の手術方法を選択しなければなりません。妊娠中期以降の中絶手術費用の相場は20万円から30万円だと言われています。手術の内容や患者さんの容態にもよりますが、場合によっては出産と同様に数日間の入院が必要になることもあります。そして手術以外にかかる費用も押さえておきましょう。まずは妊娠しているかどうかの検査費用がおよそ1000円、手術前検査がおよそ3000円から7000円、エコー費用がおよそ2000円、薬品代がおよそ1000円、といった具合です。トータルの費用をあらかじめ確認しておき、手術に臨みましょう。